メキシコでOL、27歳

メキシコ北部モンテレイ市での日系企業現地採用社のメキシコ生活ブログ。食事処、買い物や遊び、生活情報など。メキシコ人を理解するための考察もします。国内旅行も時々。

day 965: いざ、風の街チワワへ。

メキシコに帰国後自宅で一週間寛ぐ暇もなく

早速私の大好きなチワワ出張に駆り出される。

 

今月に入って夏時間が終わってからのメキシコは

日が落ちるのが随分と早くなっており、

19時頃に空港に降り立った時には勿論

1時間時差のあるチワワの空も真っ暗。

何度も来て安全な街だとはわかっていても、

どうしても夜に他の街に着くと

少し緊張してしまうのが正しいメキシカンライフ。

慣れたからってうろうろし始めると明日の命は無い。

 


白タクはいないのだけれどどうせ会社の経費なので

空港タクシーを頼んでいつものホテルCity Expressまで。

これまたいつもの夜勤のお姉さんが迎えてくれる。

この人は私の漢字のサインを気に入っていて

他の人にも見せるのが好きなので、

ここでだけは簡略のサインを書かないのが習慣化している。

中身はよくあるただのビジネスホテルだけれど、

立地が街中にも市外にもに出やすく

周りに歩いていける食事どころがいくつもあり、

尚且つ隣りのプラサにあるスーパーでは

食べ物系の名産品が安くで買える。

館内も十分に清潔でwifiがしっかりしていて、

一昨年はここでクモに噛まれて散々だったけれど

それを差し引いても仕事の時には

中々使いやすいこのホテルが結構好き。

 

 

さて、一晩明けてチワワは快晴なり。

そういえば雨のチワワに立ち会ったことがない。

f:id:ovejitaroja:20191201062150j:image
f:id:ovejitaroja:20191201062146j:image

低い山並みと開けた空。

正に荒涼とした土地なので空気がカラッとしていて

空が一段と青く抜けて見えるのが気持ちの良いところ。

風が強いのも実にチワワらしい気候。

 

いつも通りに朝11時には仕事を終わらせて、

普段だったら観光やら食い倒れに繰り出すのだけれど

今週は帰国後にたまった仕事やら家事やら

もろもろの処理で割と忙しく疲れていたので

夕方までホテルでだらだらと過ごす。

そのかわりにスペシャルな出前を

El Escuadronのmontadosモンタードス。

f:id:ovejitaroja:20191201062500j:image

州内では有名なチェーン店で、

地元の人からもお勧めされることが多い。

初めてのmontadosで外したくない方は

とりあえずここから始めてみるのが無難かな。

 

チワワの名物料理といえば

小麦粉のトルティージャに肉。

そしてなぜか他の街よりサイズが大きい。

代表格がこの挟む型のmontados

あるいは日本でも有名な巻く型のburritos。

中身はどちらも色々な肉料理なので、

正直大きな違いはないものの、montadosの場合に必須になるのは

インゲン豆を煮て潰したfrijolesと

酪農国家チワワ名物のチーズqueso asadero。

El Escuadronだとこれがお店で手焼きの

大判小麦生地に塗ってあり、

この上に今回はお店の一押しメニュー

牛リブを煮たcostilla roja(左)と、

個人的に好きな豚のchicharronを。

併せて400gの大容量。

両手で持ってもぐらぐらと首が座らないほど。


おすすめなだけあってcostilla rojaは

肉厚、柔らか、ジューシーさと滲み出る肉の味。

サルサも辛すぎずしっかりしていて

この大きさでも平気で平らげられる。

あっという間に完食。

日本でも人気なだけあってチワワのチーズは

クセが少なくどんな料理でも主張をしすぎず

本当に併せやすい。なんて美味。


腹ごしらえの後にはとにかく

日本滞在で見れなかったアニメを10本以上見て

あとはひたすら惰眠を貪る。

大変なこともあるけれど、

2.3ヶ月毎にこのリフレッシュ旅行(私の認識的には)をくれる仕事だけに

今日まで続けてしまっているのでは。


日も暮れかけて到着した空港は

去年から完成しつつある改築がさらに進み

ついにはカフェからレストランまで飲食店が5つ、

お土産屋さんもそれ以上に。

これでどんどん外から人や経済がやってくる。

 

メキシコ国内ではチワワと言ったら正直

怖いイメージが先行してしまうけれど、それは国境の街Ciudad Juarezや

(チワワの人もあそこはマッドマックスの世界だと言っていた)

その他北海道より大きな州内の中でも

州都圏外で起こる特に国境付近の事件が中心。

州都は日本人もメキシコ人も口を揃えて安全だというし、

私も空気的に基本は長閑に感じる。

(勿論常識内での話、危険を感じられる直感は必須。

危ない場所や夜に痛い目にあったら自分が悪い。)


食べ物に自然、足腰の強い野良チワワ、

そしてなんと言ってもchepe鉄道など

魅力たっぷりで大好きな街なので、

今の風情を残しながらもこのままどんどん

大きくなってくれると嬉しい。

f:id:ovejitaroja:20191201063645j:image