メキシコでOL、26歳

日系企業現地採用の日本人女がメキシコはモンテレイをいかに楽しく生き抜くかを追求するブログ。食事処、買い物や遊び、生活情報など。メキシコ人を理解するための考察もします。国内旅行も時々。

犯罪・事件・危険情報

1064: 国際女性デー、メキシコでの様子。

コロナでバタバタとしている今日この頃ですが この日曜日3月8日は国際女性の人権の日、 というわけで多くの国、都市で 女性の為のパレードが行われたそう。 メキシコ国内でもやっていたそうな。 しかしこの国でもっと注目されたのは その翌日3月9日に行…

1033: 流行りの赤いチョコレート。

四方をぐるりと山々に囲まれ 盆地なだけに夏冬の気候はしんどいけれど、 おかげで嵐や風害からは守られているのが モンテレイのいいところ、と思っていたら 昨日は強風で街が大荒れ。 普段出張で行く山の低いチワワ市内や 広野のトレオンなんかは吹き付けが…

1025: 落し物にも程がある。

つい2、3週間前に起きたトレオンの小学校での 11歳児童による銃の持ち込み、並びに殺人・自殺事件 www.survivalenmexico.com がまだまだ記憶に新しい中、 モンテレイ空港の15km北のスアスア市の中学校で 今度は13歳生徒による学校への銃の持ち込み事件。 私…

day 1008: 11歳児童発砲殺人•自殺事件について『Bowling for Columbine(2002)』

題名からも分かる通り今日は始終は真面目な話。 元々アニメとジムキャリー以外殆ど映画を見る習慣がない私。 うっかりしていると平気で一月くらい 長編作品を目にすることなく過ごせてしまう。 そんな中今週末はどうしても見たい作品が急浮上。 マイケル・ム…

ティファナ旅行記2019冬②ティファナ喧騒とアートの旧市街巡り

この旅の他の記事はこちら ティファナ旅行記2019冬①ティファナに到着 - メキシコでOL、26歳 ティファナ旅行2019冬③地ビールの都飲み歩きツアー - メキシコでOL、26歳 観光初日はティファナの旧市街を貫くREVOLUCION通りを歩く。 街中のめぼしい観光地はココ…

ティファナ旅行記2019冬①ティファナに到着

この記事の続きはこちら ティファナ旅行記2019冬②ティファナ喧騒とアートの旧市街巡り - メキシコでOL、26歳 ティファナ旅行2019冬③地ビールの都飲み歩きツアー - メキシコでOL、26歳 2019年末は最終週に5連休が取れたので せっかくだからどこか遠くに…

day 977: メキシコ牢獄探検ツアー!

あいも変わらず日々ぼっとしている私は とっても大事な体験談を書くのをど忘れしていた。 11月に閉鎖したてホヤホヤのモンテレイ最大最古の刑務所の 期間限定見学ツアーに参加したのだった。 実はこれ、今週末12月15日までの開催。 その後は取り壊し博物館と…

day 829: ぱぐと夢への逃避行。

昨日はたまの有給休暇。 銀行で15分程の手続きが必要だったので。 何もわざわざそれだけのために休まずとも 朝少し遅れていけばよかったのだけれど、 最近は仕事も落ち着きやることもなく 働きたい気分でもなかったのでお休みに。 用事を済ませるために会社…

day 674: 自発的奴隷行為。

今週の一大ニュースといえばやはり カナダでの奴隷解放ではないだろうか。 日本でも報道はされたのかな。 殆ど日本語記事を見ないけれど 本当にこの国に住んでいると いたってアンティークな問題に相見える。 日本では平成も暮れかかっているこの時期に 『奴…

day 669: 傍観者と目撃者と発言者と。

物騒な話つづき。 朝からレストランが燃える。 今日は怖いのでスペイン語記述無し。 日本ではみかじめ料という言葉を聞かなくなって なんだか随分と久しいような。 中学、高校生の頃は裏道を怖く感じた歌舞伎町も 近頃はすっかり若者と観光客の溢れる 実に平…

day 668: 我が人生の春は夏。

今月に入ってからは本当に天気が良い。 まさに春の陽気で気分もいいので朝食が捗る。 メキシコでは食事の時間は 7時(軽い朝食) 10時(しっかりとした朝食) 14時(昼食) 21時(夕食) と諸ラテン国家と同様に食事時間が遅目なので 自然多くの人が仕事中に朝食を…

day 467: 7月のレシピ『chicharron en salsa』

またうっかりして一週間書かずに過ごす。 モンテレイではついに本格的な夏を感じるようになり 夜の冷房が欠かせなくなってくると共に 寝冷えの胃痛に苦しむことも増えてくる。 暑さで倒れるか、寒さで倒れるか 自分で選べということなのね。 というわけで夏…

day 194 : たまの息抜き、うろこ雲。

ずーっと、ずーっと更新をサボり続け 気付けば丸々一ヶ月。 大仕事や遠隔地での仕事が続き、 天気も暫く雨続き、それに加えて 新しい家探しのストレスでてんてこ舞いの一ヶ月。 親に連絡も返していなければ ろくに家の掃除もしていない。 流石に昨夜は自宅で…

day 102: 慢心創痍とはこのことか。胃痛には何が効く?

今朝は出掛けにショックな出来事がひとつ。 自分で特大級の爆弾を投げておきながらも、 人間関係が崩れていくのを見るのは辛い。 しかし落ち込んでいる暇もなく、 ようやく捕まえたuberの乗り合いタクシーは 今日に限って満員乗車。 他の人の目的地を回って…

day 67: そういうこともあるさ、と。アポダカ市強盗犯逃走事件。

思ってはいたけれど、 実際に体験してみるとやはりぞっとする。 昨日朝8時10分頃 会社敷地入り口付近に、一台のタクシーが急停車する。 直後、二人の男性が同車両から走り出る。 車内には彼らの持ち物と見られるテレビ画面が二台放置される。 彼らは6車…

day 66: それすっぱくて美味しいよと言われたから。チャモイを食べよう。

6月13日はチャモイ記念日。 さて、そんななぞのお菓子チャモイchamoyを 同僚様に教えられ早速購入。 注射器のような容器に、どろどろで粘性のある真っ赤な液体。 不気味なり。 底を押し出すと、パスタマシーンのように出てくるシステム。 実食。 ああ、す…

day 60: 恐怖の銀行と、私は裸で晒し者にされる。不正な銀行の出金疑惑。

気がつけばもう60日。 メキシコでの生活は、 思っていたよりも飛ぶように過ぎている。 仕事の忙しさからなのか、 社会人とは得てしてそういうものなのか、 それとも、こちらの生活には 毎日刺激が溢れているからなのか。 さて、今日だって 頼んでもいないト…