メキシコでOL、26歳

日系企業現地採用の日本人女がメキシコはモンテレイをいかに楽しく生き抜くかを追求するブログ。食事処、買い物や遊び、生活情報など。メキシコ人を理解するための考察もします。国内旅行も時々。

ヌエボレオン州

1049: 犬のある人生。

ようやく体調が全開。 今年も積雪するかなと期待してしまうような 氷の匂いのする1週間を過ごしたものの 週が明けた途端に最高気温が28度で 同僚たちはすでに半袖で働き出している。 三月も目の前だし、 やっぱり晴れて暖かいと気分も良いので これで今年のF…

1037: メキシコでもまともなパンは食べられるのか?【Bread】

まあ答えは勿論イエスなのだけれども、 モンテレイではようやくここ数年の話。 熱も完全に下がり、まだまだ喉は痛むものの ようやく味蕾が八割方復活。 きのうは唯一食指の動いた唐揚げを作ったものの 味見をしても味が分からず、 生まれて初めて人に食事を…

1036: モンテレイで老舗の台湾料理【Taiwan Dim Sum】

週末は他の町からお友達が来たので ひさしぶりの街唯一の本物中華、 【Taiwan Dim Sum】へ。 街中のメキシコ人向けの中華料理ではなく 中国人が食べるような本物の味。 台湾料理店なので扉を潜った瞬間に 八角の香りが鼻をかすめることが多く なんだか着席前…

1026: メキシカン寿司バイキング【KURAI SUSHI】

彼氏が退職してから3週間経ち、 ついに念願の退職金が。 メキシコでは大抵2週間くらいでもらえるらしい。ということで何かおいしいのでも食べようかと前々から気になっていたというレストランへ。 サンペドロ市はバスコンセロス通りにある【KURAI SUSHI】と…

1025: 落し物にも程がある。

つい2、3週間前に起きたトレオンの小学校での 11歳児童による銃の持ち込み、並びに殺人・自殺事件 www.survivalenmexico.com がまだまだ記憶に新しい中、 モンテレイ空港の15km北のスアスア市の中学校で 今度は13歳生徒による学校への銃の持ち込み事件。 私…

1023: モンテレイでもバスケが見たい!

毎日文章を人目に晒すぞと意気込み早2週間、 あまりの忙しさについに更新が途切れる。 けれど私にしてはかなり継続して頑張れたので 第一段階としては花丸でいいかな。 さて今日からはこの記録をどれだけ越せるか。 仕事もない日曜日、 なにで忙しくしていた…

day 1021: メキシコとコロナウイルス。

出張帰りから飲み会へ繰り出し 翌日は昼過ぎまで我を忘れて眠る といういつものコンボを繰り出したので 午後は家事に追われる本日は短く時事ネタでも。 中国は武漢市から蔓延しているコロナウイルス。 日本に家族や友人がいる私は すでに感染者が国内で出て…

day 1019: 今は甘いものが食べたくて仕方ない。

今日も西へ4時間トレオン市へ向かう。 明日の早朝からの仕事のための前乗りなので 珍しくお昼時暑い時間の移動。 しとしと雨の一週間が明け、 青空が見えた途端に真夏の日差しとなるメキシコ。 耐えられずにトラックの片側の窓に 明日のためのTシャツで日よ…

day 1018: 山を見る。

引き続き寒くて寒くて仕方がない。 脳が冬眠に入ろうとしている。 連日の寒さでなにもやる気が出ないので 今日のお弁当は今週の余り物。 豚汁にケチャップライスという 地獄のような組み合わせ。 それぞれは美味しいのに 同じ食卓に並んでいても幸せになれな…

day 1017: ベトナム料理を食べに行こう2

先週から続いている雨のおかげで 一気に気温が15度以上も下がってしまって 真夏の国モンテレイの住人たちは 室内ですらコートを着て丸まっている。 もちろん夏女で晴れ女の私も例に漏れず。 こんな時こそ熱いものと辛いものの話でもして 脳みそから温まらね…

day 1016: 待望の本格ベトナム料理【Pholicioso】

先日のお弁当ではないけれど、 この頃のモンテレイは全体的に 外食のレベルがどうも上がっている。 私が来た頃はもっと食べられたあもんじゃないものが 今よりそこら中で平気で高値で提供されていたのに、 メキシコ料理やヨーロッパ料理だけではなくて 台湾…

day 276: レシピ《アボカドディップ ワカモレ》

スロウスターターな今年。 週末にかけてゆっくり過ごしたら 大分また気持ちに余裕が持てる様になってきた。 土曜日 ひさしぶりに正午前まで睡眠。 朝から卵のタコスを作ってもらいご機嫌。 同僚はこれしか作らない分、とても美味しく作る。 炒飯のみを極めた…

day 236: うかされるでもなく、うなされるでもなく

前回の投稿が二週間前なことを知り、 来月の目標は1週間に2度はブログを書こうと そう決めた11月晦日。 書きさしの書評たちが次から次へ堆積していく。 さて、最近の良いこと。 その1 一ヶ月以上壊れていた事務所のwifiが 突然にしてようやく復旧する。 日本…

day 222: 王様の定刻【MAD COFFEEカフェ】

近頃も面白いことをしているし 読んだ本のことなど書きたいことは色々あるのだけれど 文章を書くのって難しいなぁとしみじみ感じる。 伝えたいこと自体は頭に確かに在るのに 筆がのらないとちっとも文章にならない。 だらだらと、中身のないまま1000文字を超…

day 215: 天網恢恢疎にしてもらさず

そんな言葉が頭をよぎるのはどうしてだろうか。 月曜日、 喉の違和感と寒さで目が覚めたと思えば なんと冷房が稼動中。 どうしてメキシコ人はそんなに暑がりなのか。 朝会社に到着した辺りで体に違和感を感じ、 昼までには完全に発熱。 体は熱いのに、寒気が…

day 209: 幸せ者の痛みとは。

本日は非常に大きなミスをした。 業務上支障があったわけではないけれど、 連携会社との業務連絡が上手く行っておらず 向こうの社長にしこたま怒られてしまった。 この超男尊女卑の北の大地で しかも力仕事の多い部署を担当し、 女だからって手を出すなとい…

day 206: 天使の板ばさみ

アメリカ週末旅行の話を書こうと思っていたのに、 気がつけば帰国してから丸々一週間が経っている。 近頃はどうして筆が載らないと思っていたら、 おそらく本を読んでいない所為なのだ。 パソコンにばかり向き合っていると、 言語に対する関心が薄れてしまう…

day 194 : たまの息抜き、うろこ雲。

ずーっと、ずーっと更新をサボり続け 気付けば丸々一ヶ月。 大仕事や遠隔地での仕事が続き、 天気も暫く雨続き、それに加えて 新しい家探しのストレスでてんてこ舞いの一ヶ月。 親に連絡も返していなければ ろくに家の掃除もしていない。 流石に昨夜は自宅で…

day 162: メキシコから独立とか、思うところ。

この週末は、メキシコの大切なお祭りのひとつ 独立記念日で大いに国が沸き立った、らしい。 そんな中、北部でREGIOたちと生きる私は MONTERREYはメキシコではないのだと、 ようやくそれを体感する。 独立は、金曜の夜の叫びから始まる。 MEXICO CITYはZOCALO…

day 152: お休みとるの。そう。

雨続き。 少し気持ちが持っていかれる。 週末降らなかったら、美術館に行こうと思う。 それより先ずは、どうにかして 自宅のボイラーを稼動させなければ。 昨夜は窓から降り注ぐ雨の冷たさで目が覚めた。 アメリカにハリケーンが来るこの時期は、 北メキシコ…

day 151: カフカでなくて。

近頃とんでもない頻度で腹痛を起こすのは メキシコに住んでいる限りはそんなものか、 とも思っていたのだけれど、 案外仕事のストレスが原因なのでは、と ふと思う。 私の勤め先は他の日系企業に比べ 四倍も五倍も給料は低く、休暇も少ないけれど、 もちろん…

day 146: りんごをかじる、何も起こらないのに。

近頃はどうしても、暇な割に筆が進まない。 おそらく引き続き本を読んでいる所為。 そしてふたたびの、体調不良。 先週末は、随分とばたばたしていた。 金曜の夜、は日本人のお客様と夜ご飯。 滅多に行かない夜のサンペドロでイタリアン。 ひっさしぶりのワ…

day 138 (シティ旅行記2日目) : 巨像の墓

二日目の朝はゆっくりと始まる。 折角の観光なので色々回りたい気持ちもあるが、 心と体をリフレッシュさせる旅行でもあるので 眠気の方が優勢勝ち。 ひさしぶりの寝汗にうなされることのない目覚め。 とても気持ちがいい。 標高が高いのはいいことね。 二日…

day 123: ウチのトラには噛み癖がある

最近は、また雨が降ったり。 ついでに停電したり。 もう三度も事務所が停電して、 雨の中、真っ暗な中、 自由時間を過ごしている今月。 新しいことを毎日している。 先週末はSPLATOON2のイベントに参加。 ケチャップ派対マヨネーズ派の合戦。 マヨネーズを愛…

day 116: 今日は胡桃でおなかが膨れる。【ケーキ屋さん XOCOLAD】

グルメウィークも終わり、 色々食べるばかりでちっとも報告していなかったので、 ざっくりと最近の食べ物ばなし。 木曜日、 そんなにお給料ももらっているわけではないので 毎日二食の外食は懐に響く。 というわけで、この日はインスタントに挑戦。 まずはイ…

day 110: 怒りに任せてタコスをちぎると。

毎度毎度、記事の日数を書くだに こんなに日にちがたっているのかと恐ろしくなる。 100日住んでいてもまだこんなに新しいものがある。 生活って、奥深い。 さて、食べ歩きウィーク3日目はホットドッグ。 あるいはHOCHOS。 こっちの人はホチョスって言うみた…

day 103: 小人たちのストレスと大きな喜び

メキシコ人男性といえば、浮気性で名高い。 否、誇るようなことではないから、悪名高い。 同僚たちを見ていると、それをしみじみと感じる。 掃除のおばさん曰く、男なんてみんなそうで 女たちは馬鹿だから許してしまうらしい。 うーん、分かるけれど。 分か…

day 102: 慢心創痍とはこのことか。胃痛には何が効く?

今朝は出掛けにショックな出来事がひとつ。 自分で特大級の爆弾を投げておきながらも、 人間関係が崩れていくのを見るのは辛い。 しかし落ち込んでいる暇もなく、 ようやく捕まえたuberの乗り合いタクシーは 今日に限って満員乗車。 他の人の目的地を回って…

day 101: ミチョアカンギターを買おう!通販ってどうなの?

昨日は記念すべきメキシコ滞在100日目。 100という数字を目にして、 昔のホームページにはみんなキリバン制度 なんてのがあったなと思い出す。 もう三ヶ月も居るのか。 どおりで夏も始まるし、 ゴキブリや蟻に対する耐性もつく。 そういえば日本は今 …

day 95: どぶろくパンとサボテンの実。地元を食べる。

今日は色々な場所の話。 特産品に触れたここ数日。 火曜日。 今週もまた近郊の町SALTILLOへ。 一時間半程で辿り着ける距離にあるにも関わらず、 COAHUILA州はとても乾燥地帯。 岩山に溢れてはいるものの、 かろうじて緑の残るNUEVO LEON州から行くと、 その…