メキシコでOL、27歳

メキシコ北部モンテレイ市での日系企業現地採用社のメキシコ生活ブログ。食事処、買い物や遊び、生活情報など。メキシコ人を理解するための考察もします。国内旅行も時々。

1175: トラケパケタコスに溺れる。

ひさびさに快晴の週末。 土曜日には服も家もぱぐまるも丸洗い。 天日干しで何もかもすっきり気分が良い。 まだまだコロナウイルスの勢い衰えぬメキシコ。 日本のように一時落ち着くこともなく あれからずっと感染者も死者も増え続け、 更にはこの環境変化に…

1057: 物語ずきの物語。『はてしない物語(1982 岩波書店)』

数少ない私の海外製軽での不便の一つが 一般に普及してこれだけ時間が経つというのに 未だに慣れない電子書籍や漫画の類。 同じ内容を読んでも手触りなのか見た目なのか わけもなく電子版は薄っぺらに感じてしまったり、 携帯で読んでいる時なんかは画面が小…

1138: 懐かし夏の氷菓子。メキシコのチューペット?

家から全く出ず座り仕事ばかりしていたお陰で 見事にぎっくり腰になった、との連絡が 同世代の友人からあり背筋が凍る。 30代に入ったらそんな日も来るのだろう と覚悟はしていたつもりだけれど、 体を動かさないと20代でも油断はできないのね。 というわけ…

1136: メキシコの動物はどう鳴くの?

今日はスペイン語の話。 ひさびさの現場仕事復帰戦は一週間出突っ張りで、 なおかつ連日30度越えの湿度は70%以上。 炎天下の仕事のしはじめは毎年プチ熱中症のおかげで 朝から晩まで頭痛が止まらない。 ここに加えて仕事のストレスとその他体調不良が重なり …

1132: メキシコのゴキブリ譚。愛すべき害虫との共存。

今日はずっとゴキブリの話だけをします。 苦手な方は眠気と戦うぱぐまるの写真だけ見て 今回はパスしてください。 本日見かけた変なゴキブリ 知らなかった生物としてのゴキブリ 日墨ゴキブリの違いと対策 本当に書き出しの通りなのですが、 今日の話題は比喩…

1031: メキシコ食材で作る和菓子。秘密道具のない暮らし。

朝方はすっきり爽やか、 昼時には道に立っているだけで背を汗が伝う じめっとしけった暑さに苛まれる35度、 日が暮れかけた途端に稲光が見えたと思ったら お天気雨ならぬお天気雹が 鼻の先にゴロゴロと大粒で降ってきて 近所の車は慌てて毛布に覆われる。 日…

1129: メキシコで春の豆料理。お豆な生活。

昨日に引き続き、 時間に余裕のある4月5月を3年ぶりに迎え いつもは気付かなかったものが見えるのは 何も屋外だけではなく、 最近改めてスーパーマーケットが楽しい。 というのも、 山も湖も滝もゴルフ場などなど娯楽施設は どこもかしこも4月頭あたりか…

1128: メキシコの鳩はどんな鳩?我が家は野生のるつぼ。

在宅勤務も続けて早2ヶ月、 新しい生活様式にはとっくに慣れたつもりでも 未だに慣れないのがなぜか次々に訪れるお客様。 4月半ばには夏が始まるモンテレイでは ゴールデンウィーク明けには35度は当たり前。 なので日中の仕事中は家中窓もドアも開け放ち …

1117: 生存戦略

みなさんご無事でしょうか。 お元気でしょうか、そうでもないでしょうか。 コロナの騒ぎが膨れてくるにあたって どんどんと執筆意欲が減退し、 ついにはろくな外出をしていないことを言い訳に また長いことキーボードを叩くのをサボっていました。 丸3年続…

1064: 国際女性デー、メキシコでの様子。

コロナでバタバタとしている今日この頃ですが この日曜日3月8日は国際女性の人権の日、 というわけで多くの国、都市で 女性の為のパレードが行われたそう。 メキシコ国内でもやっていたそうな。 しかしこの国でもっと注目されたのは その翌日3月9日に行…

1058: 半袖でひなまつり。

連日ネットではコロナの話題ばかりだなと思っていた中昨日はSNSの投稿写真がどれも一面ピンクでとっても華やか。なんだなんだと思ったらひな祭りだったのね。特に今年は外出を控える流れになっているので家出できるお祝いの料理や飾りつけをいつもより張り切…

1057: メキシコ&コロナ。

日本はコロナとデマ情報のおかげで 大変な騒ぎになっているようだけれど ここでメキシコの経過報告。 以前にも一度話題にした通り 話題が世界のニュースに上って以来 コロナだビールだと楽しく騒いできた いつも通りのメキシコ人たち。 病気の上陸が遅かった…

ティファナ旅行記2019冬⑤小さな美味しい港町、エンセナダ。

間欠泉を後にまた1時間ほどバスに揺られれば 17時頃にようやくエンセナダの町に帰着。 市内観光もしようと思っていたのだけれど すでに日も暮れかかっていたので まずは宿にチェックインをし夕食探し。 観光のメインでもある海から大通りを一本隔てた 中央…

1049: 犬のある人生。

ようやく体調が全開。 今年も積雪するかなと期待してしまうような 氷の匂いのする1週間を過ごしたものの 週が明けた途端に最高気温が28度で 同僚たちはすでに半袖で働き出している。 三月も目の前だし、 やっぱり晴れて暖かいと気分も良いので これで今年のF…

1041: にべもなくバレンタイン。

結局体調の回復しなかった1週間を 何度か終えて金曜も帰宅すれば家が空。 普段なら出迎えてくれるぱぐも彼氏もおらず 玄関で待っていてと電話が来たので なんだなんだと思っていると、 遠方より背中に薔薇を背負い満面の笑みで 誇らしげに全力疾走をしてくる…